ABOUT

学生時代、幾度も訪れた沖縄の島々。

わたしはそこで初めて水面の下の世界を知りました。


島を昔から知らないわたしにとっては十分に美しい海の中。

しかし、地域の人の口からは「これでも汚くなっている一方なんだ。昔はずっときれいだったのに」の声。

その事実を知り、「この美しい海を守り続けていきたい」と強く思いました。


その後も、南米・パタゴニアやカナディアンロッキー、日本アルプスなどの大自然を旅する中で、
自然が織りなす美しさに魅了され、自然の恩恵を享受してきました。


そして、「次世代」を生きる人々も、
変わらずにこの恩恵を享受できるよう、
「現代」に生きるわたしたちが地球環境について考え、
行動にしていく必要があると考えるようになりました。


近年の異常気象の要因の大部分は、「地球温暖化」にあると言われています。

その地球温暖化を引き起こすのは、排気ガスや化石燃料の燃焼だと思われがちです。


しかし、二酸化炭素の約25倍の温室効果があると言われる「メタンガス」の約24%が家畜のゲップから排出されています。

また、家畜のふん尿が放置され、微生物によって分解される過程で発生する「一酸化二窒素」には、
二酸化炭素の298倍の温室効果が認められています。


では、仮にわたしたちが畜産物の摂取を控えたとして、
これまで畜産物から摂取していた栄養素を「地球への負荷が少ない形で」いかに摂取していくか――。


そこで知ったのが、「昆虫」の持つ栄養価の高さでした。


クリケットフラワー(コオロギ粉末)が含むタンパク質は、同量の肉と比較して約2倍。
また、ビタミンB12はサーモンの約7倍、鉄分はほうれん草の約2倍。

さらに、男性の活力アルギニンや、質の高い眠りに良いグリシン、
コラーゲンの生成要素となるプロリンなどのアミノ酸も
非常に豊富に含まれるミラクルフードなのです。


畜産物を一切食べない生活にシフトすべきだとは言いません。



しかし、より多くの人が現在の地球環境を知り、考え、環境保護につながる活動に意識を向けるキッカケづくりをしたい――。



そんな想いから、Mrs. Cricketは誕生しました。